読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラ牛乳

ホモが撮った写真を晒すだけのブログ

洋服のモデル撮影をしてきました

こんにちは、りきまるです。

 

 

 

喜んでいいものかわかりませんが、昨晩あたりから関東もようやく梅雨らしい気候になってきましたね。

とは言ってもこの週末は天気が良かった!土日とも快晴。梅雨とは一体・・。

Twitterを見ていてもピクニックやらバーベキューやらアスレチックやらと、皆さん思い思いに楽しんでいた様で。

 

もちろん僕は指くわえてそれらを恨めしそうに見てましたよ。えぇ。

頼むから僕も誘って下さい。

 

まぁ、それは置いておいて。

僕も土曜は朝もはよから恵比寿まで写真の撮影にでかけていました。

今回は服飾デザイナーの方からのご依頼でモデルさんを起用した作品撮り。

外に出てのロケ撮影です。

 

でもまぁね、言ってもまだ6月も半ばですから。

これから来る夏物の服でも撮影するのかな?って思うじゃないですか。

 

ところがどっこい。

 

見て、コレ。

 

 

 

 

どっからどう見ても

ガッツリ冬服なわけよ。

 

もうね、鬼の所業ですよ、コレは。

 

写真のモデルさんはめっちゃ可愛く笑ってますけどね、このときの気温25度超えてますからね。

朝一から普通に夏日なんですよ。日差しだってカンカン照り。

僕なんて半袖でもかなり暑いわけです。豚だから。

立ってるだけで汗だく。背脂マシマシ。

 

んで話戻すとね、やっぱりこういうの見るとモデルさんってすげえなぁ…と思いますね。

モデルって言うときらびやかなイメージが強いけど、とてつもない苦労がやっぱりある。

 

ちなみに、この服を製作したデザイナーさんもとても腰の低くて顔も可愛らしい素敵な女性です。

作品も優しい感じがして、自分が女性だったらこういう服を着てみたいなぁ、なんて思ったりしました。

 

そんな暑い中、なんどもなんども着替えを繰り返しては外に出て、この日は総枚数750枚くらいの写真を撮影していました。時間にして4時間ほど。

 

上の写真を撮ったあとは涼しけな洋服の出番。

涼し気な服も素敵だったしそれを着たモデルさんも素敵だったし、撮ってて本当に楽しかった。

 

 

 

 

 

そして何よりも、アシスタントを担当してくれた友人からは「以前より撮影の段取りがよくなった」とか、「写真の腕が上がった」とか言ってもらえるし、あれ?なんか騙されてるのかな?ってレベルで褒められてました。

 

でも僕も褒められて伸びるタイプなので、もう、これでもかってくらい調子に乗ってたんですけど、満足は人の成長を止めてしまうとどこかの偉い人が言っていた気がするので、これからもまだまだ貪欲にシャッターを切っていきたいと思います。

 

翌日も友人をモデルに新宿で写真を撮ったので、次はその写真を載せたいと思います。

 

 

 

おしまい

ISmagazine

こんにちは、りきまるです。

 

 

 

 今回は僕も関わっているISmagazineという雑誌の話です。

ISmagazine online

 

ISmagazineとは

みんな知ってるでしょ?くらいの感じでタイトルにしちゃったんですけど知らないよね。

ふつうのゲイがつくる、ふつうのゲイのためのライフカルチャー誌

ISmagazineは、つくり手も登場するのもふつうのゲイ。 
それぞれが自分の感性を注ぎ込んでつくる「私雑誌=I magazine」に、 
読者を含めたくさんの“私”があるようにと想いを込め、2015年春に誕生しました。 
特集の他に、漫画、小説、コラムなどさまざまなコンテンツを収録しています。 
ぜひ、お手に取っていただけますと幸いです。 

編集長n.

だそうです。

ゲイじゃなくても、ノンケでも楽しめる様な本。

毎号の特集に合わせたアンケートによる実態調査や、そのほかのコンテンツも充実しています。

エロ要素をはぶいて作っているので、部屋の本棚においていても違和感のないゲイ雑誌ではないでしょうか。

個人的には親にも読ませられる内容になっていると思います。 

 

参加に至った経緯

編集長と元々友人だったこともあり、雑誌の企画段階から声をかけていただきました。

何やら企画するにあたっていちばん最初に声をかけたのが僕だったそうで。

雑誌の編集なんてしたこともないのに副編集長ってことになっています。

THE・名ばかり管理職

 

表紙・グラビア

ぼくの担当ひとつめは表紙とグラビアの撮影。

表紙といえば雑誌の顔。

どんなツテを使ってか、編集長が毎回イケメンモデルを連れてきます。

その撮影を担当しているのですが、ほんとうに毎度毎度いい経験をさせて頂いています。

 

げいすま 

 ぼくの担当ふたつめは1ページまるまる使う「げいすま」というコーナー。

スマートフォンを使ってゲイをかっこよく撮影するよ!っていう企画です。

んで、毎回撮るときのちょっとしたコツとかを書いてるんですけど、もうネタがない。

だれかiPhoneで撮影するときの小技教えて・・。

 

 

 

とりあえず、表紙の写真を見てみて下さい。

気になったら冒頭のURLからサイトも見てみて下さい。

できたら買って下さい。損はしない内容だと思います。 

 

Vol.1 カバーモデル:潤くん(売り切れてます)

 

Vol.2表紙 カバーモデル:けんぞうくん

 

Vol.3表紙 カバーモデル:べーなすさん

 

Vol.4表紙 カバーモデル:歌人・鈴掛真さん

 

Vol.4 グラビアページには鈴掛真さんに書き下ろして頂いた短歌も掲載しています。

 

Vol.4 げいすまモデル りきとくん。この子、とにかく可愛い。

 

ってことで、少しは興味わきましたか?

わきましたよね?

 

それなら早速ご購入ください〜よろしくちゃーん!

各号ともすでに在庫が少なくなっているらしいですよ〜

ISmagazine online

 

 

 

おしまい

海鴎

こんにちは、りきまるです。

 

 

 

前回もフィルムカメラ(フィルム付レンズ)の話をしたんですけど、今回も引き続きフィルムカメラの話をしたいなーと思います。

 

SEAGULL 4B-1 二眼レフカメラ SEAGULL4B1

SEAGULL 4B-1 二眼レフカメラ SEAGULL4B1

 

 これ、「シーガル」って名前の二眼レフカメラなんですけど、めっちゃ可愛くないですか。

中国の企業で作られているそうです。

中国語では「海鴎」タイトルに書いてある名前ですね。

 

僕も一台持っているんですけど、もう8年くらい使っているお気に入りのカメラなので今回はこの子の紹介をさせてください。

 ちなみに、僕が買った時はヴィレッジ・ヴァンガードで20000円ちょいくらいでした。

リンク先の値段みたら値上がりしててびっくりした。

 

 

見た目が面白い

見ればわかりますが、二眼レフカメラは名前のとおり、レンズが2つついています。

基本的に上のレンズがピント・構図の調整用で、下のレンズがフィルムへの焼付用です。

だけど、ピント調整用の上のレンズで構図を決めてもフィルムに焼き付ける下のレンズとの位置が若干ずれてるので狙った絵を撮るのは難しい。

僕はあまり気にしていませんけど。

これも前回書いた「仕上がるまで出来上がりが予想できない」たのしさですよね。

 

ウェストレベルで撮るのが楽しい

二眼レフは一眼レフと違って、カメラを腰で構えて上から覗き込んで撮ります。

この撮影スタイルをウェストレベルっていうそうなんですけど、これがまた楽しいんですよ。

上から覗き込んだ映像?が左右反転していて、ちょっとだけ異空間にいるような気持ちになります。

あと、構えてる姿も様になるとかっこいい。

ウエストレベルと言えば…いつかはHasselbladとかも欲しいな・・。

 

正方形の写真がかわいい

このカメラは使用するフィルムが「ブローニーフィルム」っていうちょっと大きめのサイズのフィルムを使うのですが、仕上がりが正方形でとても可愛いんですよ。

今はInstagramとかで真四角写真をデジタルでも撮れますが、やっぱりフィルムの写真は別格です。

雰囲気もそうだし、フィルム特有のザラザラ感とか、そういうのがやっぱり味だよなぁ、と。

 

多重露光ができる!

フィルムを巻かなくても再度シャッターチャージができるので多重露光が可能です。

できる!とは書いたものの、僕はあまりやらない。

なぜなら上手くいった試しがないから。

ちなみに多重露光って言うのがわからない方はぐぐってみてください。幻想的で素敵な写真がたくさん見られますよ。たぶん。

 

最後に

最後に、僕がシーガルを使用して撮った写真を載せて終わりにします〜。

いつも見ていただいてありがとうございます。

 

次はハーフカメラのお話でもしようかな。

 

左がポジフィルムで右がネガフィルム。やっぱりフチありの方がそれっぽく見える。

モノクロフィルムで。普通の35mm用紙に印刷されてるので縁が大きめ。

 

それにしてもスキャンすんの下手くそだな・・ 

 

 

 

おしまい

 

使い捨てカメラの正式名称知ってる?

こんにちは、りきまるです。

 

 

 

早速タイトルの話ですけど、使い捨てカメラの正式名称って知ってます?

正直、皆さんが知ってるかどうかなんて至極どうでも良いのでさっさと答え書いちゃいますね。

 

 

 

使い捨てカメラの正式名称はレンズ付きフィルムです。

富士フィルムやらKodakやらいろんなメーカーから商品が発売されていましたよね。

 

ちなみにレンズ付きフィルムで有名な商品の写ルンですって、今年で発売から30年経つらしいですよ。まさかの僕と同い年。

fujifilm.jp

あと名称は「使い捨てカメラ」で浸透してましたけど、レンズ付きフィルムのパーツは殆どが再利用されて使いまわされているので「使い捨てカメラ」ってのは間違いです。エコなリサイクルカメラですよ。

 

 

ここで話戻して。

このレンズ付きフィルムって実は結構きれいな写真がよく撮れるんですよ。

「これからフィルムのトイカメラを初めてみたい」って人には特にオススメ。

 

レンズ付きフィルムって基本的にレンズがプラスチックなのでチープな写りをすることが多いんですよね。

それがトイカメラに負けず劣らず良い雰囲気を醸し出してくれる。

 

今回は僕がレンズ付きフィルムで撮った写真と一緒に、レンズ付きフィルムの魅力を知ってもらえたらと思っています。

 

チープな写りがかわいい

上記の通り、写りがとてもチープです。いい意味で。

プラスチックレンズで撮った写真ってなんだか輪郭がぼやけてて、それが良い味だしてくれるんですよ。どこか懐かしさを感じるというか。

何気ない写真も、なんだか可愛らしい写真に見えてきますよね。

輪郭のぼやけ方がとても好み。雰囲気が出ますよね。

 

出来上がりまでのワクワク感

これはどのフィルムカメラを使っていてもそうなんですが、特にレンズ付きフィルムシャッタースピードとか絞りが調節できるカメラとは違って、仕上がってくるまでどんな写真になってるのか本当に想像ができないんですよ。

それがまた楽しい。

黒猫がかわいいと思って撮ったのに黒猫の表情が一切わからなかった写真。でも失敗ではないと言い張る。

 

彩度が強め

彩度っていうのは鮮やかさのことですね。

僕がよく使ってたのは「Kodakスナップキッズ」ってやつなんですけど、それはコントラストも高めで本当にトイカメラで撮ったような写真に仕上がります。

 たまに周辺減光っていう現象も起きて、それがまた写真に深みを出してくれるんですよね。

今回の写真の中で一番のお気に入り。ビビッドでちょっとレトロな感じがなんとなくオシャレ。

 

丈夫で軽い

多分これが僕が思うレンズ付きフィルムの一番の強みだと思います。

安くて軽くて頑丈。僕もガンガンハードに使ってます。

そりゃ、ある程度の負荷をかけたら壊れますけど、壊れたところで大した痛手にはならないですもんね。撮った写真が全部ダメになったらかなり悲しいけど。

あと、防水ケースに入った商品もあるんですよ。フィルム使いきったらおしまいだけど。

 

普通のに比べたらちょっと割高だけど、年に何度か海とかプールで写真とるためだけに高い防水カメラを買うくらいならこちらの方がオススメ。

思い出をしっかり残せるかっていう不安はありますけどね。笑

 

 

そんなこんなで

我が家にスキャナがないので今回は全部写真をiPhoneのカメラで撮影してアップしました・・。

が、今回の記事でレンズ付きフィルムで撮る写真の良さが少しでも伝わってくれれば嬉しいです。

本文中にも書きましたが、これからフィルムのカメラを始めようと思ってる方、特にトイカメラを始めようと思ってる方は一度レンズ付きフィルムでも遊んでみてください。

「一日で使い切る」くらいの気持ちで持ち歩くといろんな風景がきっと楽しく見えると思います。

 

あと、たまにホモの人たちと写真会をやってるんですけど、今度はレンズ付きフィルム限定の会もしたいなー。なんて思ってたり思ってなかったり。

やるとしたらセクシャリティ問わずにするんで、興味のある人は来てみてね。

 

 

 

おしまい

使用カメラの遍歴とこだわり

こんにちは、りきまるです。

 

 

 

 

 

一眼レフを使っている人がカメラを選ぶときに重視するものってなんですか?

軽さ?サイズ?スペック?

 

全部重要な要素だとは思うのですが、僕の「これだけは外せない!」と思っている拘りは

シャッター音です。

 

僕が今使っているカメラは以前にも書いた通りニコンD700なのですが、こいつのシャッター音が個人的にはサイコーにいいんですよ。

なんとも機械的なのに、どことなく可愛げのある音で、手に伝わる振動がとても心地よい。 

 

このカメラは前の彼と付き合い始めてすぐの頃に買ったので、ちょうど5年?くらい使ってるんですよね。

それだけ使えば色々ボロも出てきますし、CFじゃなくてSDカードを使いたいし、もうそろそろ新しいのに買い換えても良い頃かなぁなんて思ってはいるのですが…

こいつのシャッター音に勝るカメラにまだ出会えていない。こいつ以上の子に出会う日が来るのか、最近ちょっと不安。

 

カメラの買い替えと言えば、ここでタイトルにあるこれまでの使用カメラ遍歴を語らせていただきたい。

今回はメインとして使っていたモノだけ。

 

はじめての一眼レフ

初めてのカメラはNikonD40。二十歳の時にバイトして貯めたお金で買いました。カメラのキタムラで。振り回したり落したりと、かなりハードに扱っていたのでガチで動かなくなるまで馬車馬の様に働いてもらいました。

サイズも小さくて軽くて持ち運びやすい。

今では殆ど見かけないCCDセンサーを搭載した機種。

D40はシャッター音だけじゃなくて写る色味とかもすごく好みだった。中古でもう一台買ってもいいくらい好き。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D40 レンズキット ブラック D40BLK
 

 

Canonへの浮気

で、その後いちどだけCanon40Dに浮気をしたことがあるのですが、40Dのシャッター音だけは最後まで好きになれなかった。というか、僕がシャッター音にここまで拘ってることを知ったのも、この40Dのおかげです。ありがとう。

あと、やっぱり使っていくうちに愛着はわきました。これも結局電源が入らなくなるまで使い倒しました。 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D

 

 

ただいま、Nikon

そして40Dの電源が入らなくなった後に、またNikonへ。浮気なんかしてごめんね。

D700からはついに憧れのフルサイズ機です。とは言っても発売から随分経ってからの購入だったので中古で買いました。中古だったけどこれまでの人生で最もいい買い物。

そしてこれまで使ってきたカメラの中でも1番好みのシャッター音。

もしも、これから新しいカメラを買ったとしても壊れるまで使い続けたいと思います。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

 

 

 

 

繰り返しになってしまうけど、やっぱりシャッター音が良いと撮っていてめっちゃ気持ちが良いんですよね。 

いい写真が撮れる気分になる。あと、撮っている自分が少しだけ格好良くなった気分になる。笑

 

ってことで、今回も中身皆無の文を長々と書いてしまったので最後に格好良くなった気分で撮った写真を載せて終わりにします。

 

 

 

横浜をお散歩中のネコさんたち(NikonD40で撮影)

 

 造花ってなんだか好きです。綺麗で。(Canon40Dで撮影)

 

アリに懐かれる手(ピント合ってない)(NikonD700で撮影)

 

 

 

おしまい

世界一かわいいうちのこはるを見てくれ

こんにちは、りきまるです。

 

 

僕は物心ついたころからずっと犬と一緒に生活をしてきました。

実家にはたくさん犬がいたのですが、1番多かったときは

雑種×4(ムク・チビ・ゴロー・ミッキー)・ミニチュアピンシャー(チェリー)・マルチーズ(ラブ)・ヨークシャテリア(タロー)・アメリカンコッカースパニエル(ジャム)

の8頭を飼育していました。

他にも猫だったり、ハムスターやらカメやらハブも飼ったことがあります。

 

今は地元である沖縄を離れて東京でパグのこはると生活しているのですが、この子がめちゃくちゃ可愛いんですよ。

 

実家にいた子たちは、子犬時代を知らない子ばかりだったので、子犬から面倒をみたのはこはるが初めて。

成長過程をしっかりカメラに納めようと毎日カメラを向けては写真を撮っています。

 

こればかりは親馬鹿だなぁと自覚してはいるのですが、ほんとに可愛い。

パグの中でもトップクラスの可愛さだと思っています。

 

今回はそんな世界一かわいいこはるさんの写真を見ていただきたい。

そしてみんなもこはるさんに夢中になればいい。

いや、なってください。 

 

 

かわいい(iPhone6Plusで撮影)

当然のようにかわいい(ニコンD700で撮影)

 

マヌケヅラもかわいい(ニコンD700で撮影)

 

笑顔に見えるのもサイコーに良い(Canon40Dで撮影)

 

見返り美人(Canon40Dで撮影)

 

 

どうよどうよ。

こはるさん可愛くないですか。

かわいいですよね。

めちゃくちゃ可愛いですよね。

夢中になっちゃいますよね。

ですよね。わかる。かわいい。

世界一かわいい。うん。

好き。

 

 

ちなみに今回の写真は全部JPEG撮って出しです。

 

 

おしまい

上野動物園に行ってきました

こんにちは、りきまるです。

 

 

 

ぼくは動物と動物園がとても好きなのですが、今日は僕の二番目に大好きな動物園、上野動物園に行ってきたので、動物たちの生態を含めて写真のアップしていこうかなと思います。

 

キリン

長いのは首だけじゃない。舌も長くて40cmくらいあるそうです。つーかキリンってゲロ吐くとき絶対ツライよね。世界三大珍獣オカピも実はキリンの仲間。シマウマじゃないよ。

 

ヤギ

西園、ふれあいコーナーのヤギ。ヤギは実はあまり紙を食べない。どちらかと言うと奈良公園の鹿の方が食うんじゃなかろうか。オスはツノをぶつけ合って喧嘩したりする。迫力はあるけど、ちょっと怪我しないか心配になるね。

 

同じくふれあいコーナーにいる羊。羊はもふもふしていて可愛い。けどクイックルワイパーみたいにたくさんのゴミを巻きつけている。ふれあいコーナーの掃除係なのかもしれない。それにしてもイケメン。

 

アルパカ

ふれあいコーナーにいるけど触れ合えないあるぱか氏。歯並びが悪い。そしてナイスなヘアスタイルとカラーである。こういう種だとはわかっていてもオシャレを楽しんでいるのかな、なんて思ったりもする。

 

ニワトリ

ニッポンの夏。キンチョーの夏。

 

ホッキョクグマ

シロクマじゃなくてホッキョクグマ。もぐもぐタイムは僕の大好きな旭山動物園の生体展示を参考にしているらしい。サイコーだぜ。水中で目を開けられるの、素直の尊敬する。

 

パンダ

ジャイアントパンダ。そろそろ定時なので帰らせて下さいって言ってます。

ちなみにオスのリーリーは「力力」って書きます。ゲシュタルト崩壊するけど「チカラ」です。「かか」じゃない。

 

ワニ

小さめのワニ。ウィンクいただきました。ニシアフリカコガタワニです。

 

ニシローランドゴリラと僕

ゴリラの学名はゴリラ・ゴリラですが、人間もホモ・サピエンス・サピエンスって学名なのでゴリラをバカにできない。この画像を親に送ったら「どっちがあんた?」って言われました。左です。

 

 そんなこんなで、動物園が大好きなのでまた書く機会は絶対にあると思います。

次に動物園ネタを書くときネタに困りそうなので今回はこの辺で終わり。

ちなみに次は、僕が一番大好きな動物園、北海道の旭山動物園についてでも書ければいいなと思っています。




おしまい